SQL基本的な構文まとめ

プログラミング
スポンサーリンク

概要

久しぶりにSQLを書くときにうろ覚えで心配になるので、基本的なものを簡潔にまとめました。

レコードを検索する(SELECT)

基本形

SELECT カラム名 FROM テーブル名 WHERE 条件;

実践例

・hogeテーブルのレコードをすべて表示する(レコードが多いテーブルは注意)

SELECT * FROM hoge;

・先頭からn行のレコードを表示する

### mysql,mariadb,postgresqlの例
SELECT * FROM hoge limit n;

### oracleの例
SELECT * FROM hoge WHERE rownum <= n;

・hogeテーブルのidカラムが5以下のレコードを表示する

SELECT * FROM hoge WHERE id <= '5';

レコードを登録する(INSERT)

基本形

・カラム名を指定せずすべてのカラムに値を登録する

INSERT INTO テーブル名 VALUES ('値1','値2','値3');

・カラム名を指定して必要な値だけ登録する
※NULLが禁止されているカラムがあり、それを指定していない場合は登録できない。

INSERT INTO テーブル名(カラム名1,カラム名2,カラム名3) VALUES ('値1','値2','値3');

実践例

・hogeテーブル(id,name,memoカラムがあるとする)にデータを登録する

INSERT INTO hoge VALUES ('1','hogename','hogememo');

・hogeテーブル(id,name,memoカラムがあるとする)にid,nameカラムを指定してデータを登録する

INSERT INTO hoge(id,name) VALUES ('2','hoge2name');

レコードを削除する(DELETE)

基本形

DELETE FROM テーブル名 WHERE 条件;

実践例

・hogeテーブルからnameがdel_userのレコードを削除する
※実際は作業前後で「DELETE」部分を「SELECT *」等に変えて削除対象のレコードの内容を確認することが望ましい

DELETE FROM hoge WHERE name = 'del_user';

コメント

タイトルとURLをコピーしました