【Rails】アクセス時に呼ばれるファイルやプログラムの流れを図解【初心者向け】

Ruby/Rails
スポンサーリンク

はじめに

Railsの勉強をしているのですが、どのようにアクセス時にファイルやプログラムが呼ばれるかわからなくなってしまう時があるので、図でまとめてみました。

Railsの画面表示フロー図

解説

ルーティング:URLとプログラムの対応をつくる

アクセスのあったURLからどのコントローラを呼ぶかを指定しています。

この例では、home/topとアクセスしてきたものをhomeコントローラのtopアクションを実行するように指定してます。

コントローラ:実際に画面表示のために動作するプログラム

ルーティングによって指定されます。

app/controllers/コントローラ名_controller.rb がファイル名になります。その中で、def アクション名 でアクションをメソッドの形で定義します。

この例だと、app/controllers/home_controller.rb がファイル名で、def top がアクションです。

ビュー:画面の見た目の部分(HTML)

コントローラが対応するビューを呼びます。

views/コントローラ名/アクション名.html.erb がファイル名になります。

この例だと、views/home/top.html.erb がファイル名です。

レイアウト(CSS):画面の見た目を整える

ビューに対応するCSSは、app/assets/stylesheets/コントローラ名.scss というファイル名になります。

この例だと、app/assets/stylesheets/home.scss がファイル名で、views/home/*.html.erbのビューファイルに対応するCSSになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました