odbc関数・mysqli関数対応表【置き換え、変更】

PHP
スポンサーリンク

概要

PHPにおけるodbc関数とmysqli関数の対応を表にまとめました。

注意点

  • odbcは取得するカラム番号が1始まり、mysqliは0始まりになるようです。
  • 取得するカラム名等がodbcでは大文字、mysqliでは小文字だったりしました。
    DBの環境にも関係するかもしれないので検証していませんが、確認が必要です。

対応表

odbc関数mysqli関数概要
odbc_fetch_info($res_id, $arr)$arr = mysqli_fetch_array($res_id)1行分の結果を配列に取り込む
odbc_free_result($res_id)mysqli_free_result($res_id)結果を保持するリソースの解放
odbc_rollback($con_id)mysqli_rollback($con_id)トランザクションをロールバック
odbc_autocommit($con_id, $on_off)mysqli_autocommit($con_id, $on_off)自動コミットのオンオフを設定
※オンにする場合は第2引数にboolでTRUEを指定
odbc_autocommit($con_id)$sql = “SELECT @@autocommit”
$result = mysqli_query($con_id, $sql)
mysqli_fetch_row($result)[0]
自動コミットのオンオフを確認
odbc_num_rows($res_id)mysqli_num_rows($res_id)結果における行数(データ件数)を返す
odbc_fetch_row($res_id, 1)
odbc_result($res_id, $field)
mysqli_fetch_array($res_id)[$field]指定したカラム名のデータを取得
※おそらく1対1対応するものがない
odbc_field_name($res_id, $num+1)mysqli_fetch_field_direct($res_id, $num)->nameカラム名を取得
odbc_connect($db, $uid, $pw)mysqli_connect($ip, $uid, $pw, $db)DBに接続
odbc_exec($con_id, $sql)mysqli_query($con_id, $sql)SQLを直接実行
odbc_close($con_id)mysqli_close($con_id)DB接続を閉じる

詳細

まとめる予定、たぶん…

コメント

タイトルとURLをコピーしました