2ヶ月で絶対に合格できるLPIC/LinuCレベル1の勉強方法

Linux
スポンサーリンク

はじめに

私は、仕事でLinuxに触れるようになって、たしか1年ぐらいが過ぎた頃にLPICレベル1を取得しました。業務では全然触れない知識も多いので、しっかり勉強しないと合格できない試験だと思います。

この記事では、私が2ヶ月でLPICレベル1に合格した勉強方法をまとめます。業務経験があったほうが理解が早いとは思いますが、未経験でも問題なく合格できるはずです。

1ヶ月で101と102両方の合格や、もっと短期間での合格もできなくはないと思いますが、最低でも1ヶ月で101を取得、もう1ヶ月で102を取得して、合計2ヶ月でLPICレベル1の資格を得るぐらいのペースの方が、ちゃんと身についていいと思っています。

準備

Ping-tに登録する

Ping-tはLPICやLinuC、CCNAなどの情報系のベンダー資格学習サイトです。

101の範囲だと無料で問題集を利用できますし、私はPing-tを使いまくって合格できたと思っています。102は有料になりますが、市販の参考書のみで勉強するのはかなり厳しいので必要経費だと思った方がいいです。

小豆本(参考書)を購入する

小豆本とは、LPIC学習で有名な参考書です。以下のリンクから購入できます。やや高いですが、書籍で体系的に学習した方がわかりやすいです。

私は使用しませんでしたが、以下の問題集も評判が良いようです。

VMを作ってCentOSをインストールしておく(任意)

Oracle VM VirtualBox 等でパソコンにVMを作成して、CentOS等のLinuxをインストールしておくと、コマンドが試せてより深く学習ができます。

1ヶ月で、LPICレベル1(101)に合格するまでのスケジュール

1週目:小豆本の101の範囲を読み込む

第1章から第5章までです。第6章の模擬試験はテスト直前にやるのでまだやらなくていいです。

できれば、サーバで実際にコマンドを打って動作を確認してみましょう。

2週目:Ping-tを単元ごとに分け、その範囲の小豆本を読んで、問題を解く

Ping-tでは単元(主題)ごとに問題を選択して問題を解くことができます。その範囲に関して小豆本を読んで、Ping-tを解くという形で、全範囲をやりきります。この時点では、Ping-tは一度全問正解している状態にします。(「ヒット」の状態、旧システムだと「銀」)

Ping-tの解説は重複しているものがあったり、けっこう長ったらしい部分もあってなかなか根気がいりますが、理解していなさそうな問題はしっかり解説を読みましょう。選択肢を暗記してしまうと、本当に時間の無駄になってしまいます。

ここが一番しんどくて、時間もかかる部分です。Ping-tはスマホでも全然問題なく使えるので、通勤時間や昼休みなど隙間時間を有効活用して進めていきましょう。

3週目:Ping-tを単元ごとに分けてもう一回解く / 模擬試験の実施

小豆本の部分を省略して2週目と同じことをやる感じです。ここで、全問題を「コンボ」の状態にします。(旧システムでは、「金」の状態)

全部解けたら、模擬試験を実施します。今までしっかりやってきていれば、80%以上は余裕で正解できるのではないかと思います。何回かやって自信がついたらもう大丈夫です。

4週目:Ping-tのコマ問を時間の許す限り解く

LPICの試験には、選択問題ではなくコマンドを入力して回答させる問題がいくつかあります。Ping-tでは問題集の問題をコマンドで解くコマ問というものがありますので、こちらをできる限りやっておきましょう。

結構、最初は失点も多くて戸惑うかもしれないのですが、ここで今までの学習を定着することができます。実際の試験ではコマンド問題はそこまで多くもないですし、わりと簡単めなので、あまり不安にならなくても大丈夫です。あくまで、知識の定着のためにやっていると思って、できるだけ多くの問題をときましょう。

試験日直前

小豆本の第6章の模擬試験を解きます。問題形式がPing-tと違って少し戸惑うかもしれないです。でも、本番の試験の雰囲気はPing-tとも小豆本とも少し違うので、あんまり気にしないでください。わからない問題があったら、ここで覚えるぐらいの気持ちでいいです。

この模擬試験で80%ぐらいとれていれば、試験予約して受験しましょう。

もし、あまり結果がよくないなら、もう1週ぐらい勉強に当ててもいいと思います。受験料も高いですしね…

試験当日

本人確認での身分証などを忘れず、時間にも遅刻しないで受験会場に行って、今までの詰め込んだ知識を放出しましょう。

LPICの場合、やや日本語が変な問題があるかもしれないです。また、「この問題、全然勉強してきた内容にないんだけど!!」と言いたくなるものも出てくるかもしれませんが、ちゃんと勉強してきたなら他の問題で十分合格点には辿り着くので大丈夫です。

1ヶ月で、LPICレベル1(102)に合格するまでのスケジュール

101と同じです。小豆本は、第7章から第12章が各分野の内容で、第13章が模擬試験ですね。

さいごに

101でのシステムアーキテクチャやファイルシステム、102でのGUI(デスクトップ)の部分などは、わかりにくいし覚えにくかったです。正直ここは勉強してて興味が惹かれれば深堀りして学習してもいいと思いますが、最悪は丸暗記に近い形でも仕方ないかなと思います。

うっすらでも覚えた内容が、他の方面からの知識で繋がる場合もありますし、よくわからないけどこういうものなんだぁという覚え方でも意味があると信じています。

資格試験は無駄な部分もあるように感じますが、体系的に知識を得るにはいいものだと思います。また、資格が取得できると自信にも繋がるので、未経験で就職してLinuxを触り始めたみたいな人には、特に有用だと思っています。

この記事が参考になったら嬉しいです。お読みくださってありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました